対象

内容

関連アイデア

children, tv, child-403582.jpg

子供の視力を守る。テレビから離れてみるを習慣化出来る「センサーリモコン」

子供が大きくなるにしたがって一緒にテレビを見る機会が増えてきました。我が家では一つだけルールがあり、テレビから離れてみることです。

分かりやすくテープを貼ってここから外側で見てねと言っていますが、どうしても近づいてみてしまう時があるようです。

そんな時に思いついたアイデアです。

◎センサーが反応すると覚えたボタン操作を自動で出力「テレビ視聴適切距離把握リモコン」

人や動物がセンサーに近づいたり離れると反応する人感センサーと、反応したらリモコン操作を出力する発信部に分かれている
テレビ近く(土台近く等)に人感センサーを設置し、センサー前にテレビから適切に離れた距離に立ち適切な距離を学習させる
テレビに近づくと、あらかじめ設定しておいたリモコン操作を出力する(例えば画面を消す・音量が消える等)
テレビから離れて適切な距離がとられると、再度リモコン操作を出力され元に戻る(画面がつく・音量が戻る等)
〇実現させるための課題点
近遠が適切に測れるセンサー
センサー及びリモコン操作の学習機構
これらの課題を解決できる手段をお持ちの方がいらしたら、アップほっぺ社までご連絡ください。

一緒にアイデアの種を育てませんか?

Read More »
bicycle, meadow, flowers-788733.jpg

安心と安全を2つ同時に叶える。「子乗せ自転車専用サイドミラー」

我が家の足として大活躍している子乗せ自転車ですが、安全の為にサイドミラーを取り付けました。

あくまで補助的な用途ですが、安全運転に役立っています。

角度によっては、後ろに乗せている子どもの様子が少しだけ見える時もあり、様子が見えるだけでも安心するものです。

そんなときに思いついたアイデアです。

◎上下ダブルの鏡による交通安全・子どもも安心 ダブルミラー
通常のサイドミラーの下に、サイズが半分ほどの補助ミラーが付いている
補助ミラーは角度を変えることにより子乗せ自転車(前乗せ・後ろ乗せ)に乗せた子供の顔や様子を見ることが出来る
子どももミラーを通して親の姿や顔を見ることが出来、双方の安心感を高める
子供を乗せていない時は、通常通りサイドミラーの補助としても使用することが出来る
上下のミラーフレームの後ろ側は反射板が付いており、夜間に前から来る車に対する視認性が向上する
〇実現させるための課題点 
上下ミラー設置スペース確保検証
ミラーの角度調整・後ろが見えるミラーサイズ調整
上下ミラーが干渉しあわないような形状
これらの課題を解決できる手段をお持ちの方がいらしたら、アップほっぺ社までご連絡ください。

一緒にアイデアの種を育てませんか?

Read More »
child, meal, hands-3531453.jpg

離乳食作りに欲しかった!「スプレー出汁」

離乳食を開始した最初期は塩や出汁はほぼ使わずに素材の塩分を生かして作るようにしていましたが、1歳頃から徐々に幼児食に変えていくと今までのノウハウが通用しない点が出てきたりしてまたもやアタフタとして作っていました。

その時期でもなるべく塩よりは出汁を使って美味しくなるように工夫していましたが、そんな時に欲しいなと思ったアイデアです。

幼児食に便利!「スプレー出汁」
お湯も使える小さなスプレー容器で、容器には50度以上で赤く反応するヤケド注意インジケーターが付いている
通常のスプレー容器と違いストローから出汁を吸い出さずない仕組み
ノズルをプッシュすると圧力が高まり数回スプレーが出来る
顆粒出汁や煮出した出汁をそのまま入れて使用できる
外出時でも顆粒出汁を入れて、水(又はお湯)を入れて振るだけで簡易的に出汁が作れる
衛生面を考慮してスプレー部品は全て取り外し食洗器にて洗浄可能
〇実現させるための課題点 
食洗器にも使える圧力ノズル機構

お湯を使用しても漏れ出さない容器

ヤケド注意インジケーター機構

圧力スプレー機構

これらの課題を解決できる手段をお持ちの方がいらしたら、アップほっぺ社までご連絡ください。

一緒にアイデアの種を育てませ

Read More »
colored pencils, pen box, to paint-1506589.jpg

子どものやりたいを応援、親も楽になる収納について

子どもが折り紙とテープで工作をするのに夢中になっています。家に帰るとお母さんテープとって、折り紙とってとお願いされます。家事をしていると、急いで手を洗い渡していましたが、作業は中断してしまうので、困っていました。 

そこで、中がクリアで見える引き出しが9個ついている収納ケースを購入しました。子どもが取り出しやすい場所に設置し、表面にマスキングテープで『テープ』と記載し、貼り付けました。 

最初はここにテープが入っているからねと説明をし、3日目からは使いたくなったら自分で引き出しから出して作業をするようになりました。 

お片付けも保管する場所を自分で分かっている為、そろそろ片付けてと伝えると自分から行動してくれるようになりました。  

そこで、こんな収納グッズがあったらいいなとアイデアをかんがえてみました。  

親子で決める収納グッズ 

 ・引き出しが9個ぐらいあるもので、中に仕切があり、自由に仕切を変えることができるので、引き出した時に大きく動かなくなる。 

 ・マスキングテープと文房具の絵が描いてあるシールを入れる(視覚からどこに何が入っているかわかる) 

〇実現させるための課題点  

 ・文房具の絵が描いてあるシールはオーダーでいれるのか、よく使うものを入れるのか検討がいる。 

 ・子どもが使いやすく、設置しやすい大きさはどうしたらいいか。 

これらの課題を解決できる手段をお持ちの方がいらしたら、アップほっぺ社までご連絡ください。 

一緒にアイデアの種を育てませんか?

Read More »
washing machine, clean, clothes-5423359.jpg

ドラム式洗濯機用後付けオートロック

ドラム式洗濯機は便利ですが、私の機種ではチャイルドロックをONにするためには電源ボタンを長押しする必要があります。

普段使いで不便を感じますが事故を防止する為にも、簡単に使えるオートロックを考えてみました。

 

◎ドラム式洗濯機用後付けオートロック
ドラム式洗濯機のフタ外側につけるAパーツと、開かれるフタ側につけるBパーツに分かれている
ABをくっつけるとつなぎ目のある長方形になり、開く時用のレバーがついている
パーツは長方形の真ん中にあるつなぎ目がフタと本体の境目になるように設置※フタを開けるとABパーツが分離する形になる
ABパーツ内部にはそれぞれマグネットが入っていてフタを閉めるとABパーツがくっついて、レバーが溝にはまりロックされる
開ける時は子供には難しい、レバーを上に引き上げながらボタンを押すとマグネットが解除されロックが解除出来る仕組み
素材はプラスチック製で色は一般的なドラム式洗濯機の配色に合わせて、フタ外側につけるAパーツは白・Bパーツは黒になっている
 

〇実現させるための課題点
考えた構造がプラスチック成型可能か
プラスチック製の為、子供が無理やり引っ張っても開かない強度
レバーが溝にはまりどこまで強力にロック出来るか
これらの課題を解決できる手段をお持ちの方がいらしたら、アップほっぺ社までご連絡ください。

一緒にアイデアの種を育てませんか?

Read More »
kaleidoscope, toy, children's hands-883101.jpg

オムツ替えシート専用おもちゃ

乳幼児期に重宝したグッズとして、おむつ替えシートがあります。折りたたみ式のシートで駅のオムツ替えスペース等で広げれば衛生的にオムツ交換が出来ました。

手際よく行っても赤ちゃんは待ってくれない為、声をかけたり予備のオムツを持たせるなどして間をつないでましたが、ぐずってしまい困ったことが何度もあります。

そこで、オムツ替えシート専用おもちゃを開発してみてはどうかと思いました。

〇求められる条件

・シートを折りたたんで持ち運んだ際におもちゃが邪魔にならない・かさばらない

・持ち運び前提の為軽い ※よって電池等は使わない

・衛生的に使える

・10分間だけ間が持てば良い

以上の条件で考えると、こんなおもちゃはいかがでしょうか。

〇専用おもちゃ

「親の顔写真シャッフル万華鏡」

乳幼児期の赤ちゃんが一番落ち着くのはやはり親の顔ではないでしょうか。

あらかじめ親の顔写真(例えば父・母の顔写真)を半透明の専用台紙に印刷し、それをパズルのピースのようにバラバラに分割。

万華鏡の中に入れると親の顔が合わさったり融合したりして子供の興味を引きおむつ替えを効率的に行えます、

またいろいろな紋様を見たいと、手をひねって回転してみたり、スコープを覗き込む動作も行うことから、知育にもつながるおもちゃとなっています。

段ボール製の為軽く、汚れた場合は中のパズルピースを移せば容易に交換が可能になっています。

折りたためる長方形となっており、シートと一緒に折りたたみ省スペースで持ち運びができます、

〇実現させるための課題点 

・半透明かつ顔写真を印字することが出来る素材

・重量軽く強度が高い防水の段ボール

・オムツ替えシートと一緒に簡単に折りたためる形状

これらの課題を解決できる手段をお持ちの方がいらしたら、アップほっぺ社までご連絡ください。一緒にアイデアの種を育てませんか?

Read More »